ジムトレーニングの無料券配布!

健康診断結果も届き、社内ではダイエットに取り組む社員も出てきました! 当社社長も脱メタボを目指し、ジムトレーニングを定期的に行っているそうです。 そんな社長から『社内での希望者にはジムトレーニングの利用券を配布しよう!』と提案があり、希望者に利用券を無料配布することになりました。 仕事以外で体を動かす機会が少ない社員は利用してくれると嬉しいです。 (ジムではコロナ対策をしっかり行っているそうです。)

「Rias×Smart通信」に掲載されました

今月は、気仙沼保健所発行の「Rias×Smart通信」に管轄内第1号として、山藤運輸の健康経営についての取材を受けました。 社長の健康第一と言う熱い思いを記事にしていただき、会社で行っている取り組み等のご紹介をしました。 コミュニケーションの一環としながら出勤前にするラジオ体操は同僚との何気ない会話で気持ちまで元気にしてくれます。 今日も一日頑張ろうと思える大事な健康習慣です。

健康診断に向けて

7月、8月は毎年健康診断の実施時期です。全社員が必ず受診してもらいます。 健康診断前になると意識的に運動を行う社員や甘いお菓子を我慢する社員など健康に意識が向いています。 中には事務所内でパソコン作業中でも足踏み器具を使って運動しながら、仕事に取り組んでいる社員もいます! 皆さん良い結果が出る事を祈っています。

熱中症予防活動

夏本番に入り、熱中症予防に会社としても全力で取り組んでいきます。 先月の社内安全衛生委員会でも議題として取り上げ、こまめな休憩の確保や水分補給、塩分補給の徹底など、ひとりひとりに声がけを行っています。 一方で、水分補給を意識するあまり、甘い飲み物を過剰摂取すると肥満や糖尿病などになることも考えられます。その対策の一環として、社内の冷蔵庫には無糖の飲料や経口補水液、特保飲料など健康に配慮した飲み物を常備していくことにしました。 適度な水分補給と休憩をとって、暑い夏をみんなで乗り切ろう!

社内体力測定を実施しました

6月は、健康づくりのために社内で体力測定を実施しました。 今の自分を知り、どんな事をすればより健康になれるのかを考える良いきっかけになったと思います。 測定中は自分が1番良い成績を残そうとみんなが必死で、とても白熱した笑顔の体力測定になりました。

日本海事協会 働きやすい職場認証取得

当社は社員みんなが笑顔で誇りをもっていきいきと働き、成長できる企業を目指しています。社員が笑顔で働くためには、会社が働きやすい環境であることが大切です。 このたび、当社の取り組みが認められ、日本海事協会働きやすい職場認証を取得しました。 働きやすい職場認証制度とは、職場環境改善に向けたトラック、バス、タクシー事業者の取組みを見える化することで、求職中の運転者への就職を促進し、各事業者の人材確保の取り組みを後押しすることを目的とした制度です。 法令遵守、労働時間、社員の心身の健康、運転者の安心・安定のための取り組み、多様な人材の確保・育成の5分野から審査され、今回認証を取得することができました。 今いる社員が働きやすい環境を作ることはもちろん、未来の社員に対して働き始めやすい環境を作っていくことが、会社の未来につながると考えます。 これからも社員が笑顔で働ける職場であり続けるために、よりよい環境を作っていきます。  

健康経営優良法人、2年連続認証

当社では社員が笑顔でいきいきと働き続けられるために、健康経営の取り組みを行なっています。その取組みが認められ、昨年度に引き続き「健康経営優良法人2021」の認証を受けました。 取り組みとしては、健康診断や感染症対策の徹底はもちろんのこと、運動する機会を提供するために毎朝ラジオ体操の実施をしています。町民運動会へ会社(チーム山藤)で参加したり、社内懇親会や周年記念式典の開催を行なったりすることで、コミュニケーションの活性化にも意識を向けました。 この様々な取り組みの結果、体調不良欠勤者の減少が見られました。また、禁煙に挑戦する社員が増えて実際に5名が禁煙に成功するなど、健康の意識改革が自発的に行われている傾向もあります。また、社員間のコミュニケーションが増え、社員から前向きな意見が出るようになりました。 社員が安全に働くためには健康第一であると考えています。また、コロナ禍である今、社員が健康でいきいきと働いていることは、お客様に安心安全なサービスを提供することにも繋がると考えます。ドライバーとして、お客様の荷物の運搬を安心安全に輸送していくために、今後も健康経営の取り組みに努めていきます。

健康経営の取り組みが業界紙で取材・記事掲載されました

『健康経営のススメ』として、業界紙物流ニッポンに記事掲載されました! 当社の取組みを具体的に取り上げて頂きました。 運送業界では健康起因事故の防止にも力を入れており、同業の皆様に少しでも参考になる事例となればと思います。 業界内で健康経営が拡がり、業界全体のイメージアップにつながっていくことを期待しています。

健康経営優良法人認定 祝賀フォーラムにて取組事例を講演しました

3月17日に行われた、アクサ生命保険主催の健康経営優良法人認定 祝賀フォーラムが開催され、当社の健康経営に取組事例をお話させて頂きました。 健康経営の取組み~笑顔で働き続けられる職場を目指して~と題して、当社社長から健康経営に取り組むきっかけや背景、具体的な取り組み内容や社員にどんな変化や効果があったか、これからの展望などをお話させて頂きました。 当社の取組みが少しでも参加した企業や団体などに参考になり、地域の企業・団体にも拡がり、元気でイキイキとした地域になるといいなと思います。 当社としても、より一層の健康経営の取組みを進めていきたいと思います。

健康経営への取り組み

当社では社員の働く環境を改善し、笑顔でいきいきと働き成長できる会社を目指しています。その取組みが認められ、昨年度「健康経営優良法人2020」の認証を受けました。 運送業は事業を行ううえで安全を第一に考え、厳しい安全管理と様々な安全対策を行なっています。その中でも当社はドライバーの健康が重要であると位置づけて様々な取り組みを行っています。   例えば、毎朝のラジオ体操や健康に関する啓発を行っています。また、健康診断だけではなく、その後の医師との面談指導の機会を設けたり、定期的に代表が社員一人ひとりと健康面談を行ったりもしています。ドライバーという業種は、コロナ渦でも暮らしと産業を支えているエッセンシャルワーカーの一つです。感染症予防にも力を入れて、これからも安心して働ける環境を整えていきたいと考えています。