環境事業

南三陸町の目指す
『環境に優しく災害に強い町づくり』への貢献

  南三陸町では、地域資源を活用した産業創出と再生可能エネルギーの創出により、「環境にやさしく災害に強いまちづくり」を進めています。当社では、「地域密着の運送事業を通して笑顔で安心して暮らせる町を目指す」「地域と共に笑顔で成長し続ける企業を目指す」という想いから、この町づくりのビジョンに賛同し、様々な環境事業をおこなっています。

南三陸町が目指すバイオマス産業都市構想
町全体での取り組みの概念図

南三陸町が目指す町づくりを表した動画「いのちめぐる」
当社社員と社長も出演しています

バイオガス事業

南三陸町が目指すバイオマス産業都市構想。この中核を成すのがバイオガス施設「南三陸BIO(ビオ)」です。町内から回収された生ごみや、し尿残渣(余剰汚泥)などの有機系廃棄物を発酵処理し、バイオガスと液体肥料(液肥)を生成する施設です。バイオガスは発電に用いて施設内で利用し、液肥は農地に散布して作物の大事な栄養分になるという、資源循環モデルです。

この事業における、当社の役割と取り組みは下記の4つです。

余剰汚泥収集運搬

町内の各住宅の合併浄化槽から出る汚泥を処理したあとに残ったものが余剰汚泥です。これを液肥運搬車を用いて、衛生センターから南三陸BIOへ運搬しています。

液体肥料運搬散布

南三陸BIOで出来た液肥を、液肥運搬車を使って、田畑や牧草地へ運搬します。その後、液肥散布車を用いて農地に液肥を散布するところまで当社で請け負っています。

農業補助事業

農家の高齢化により液肥散布後の農地の耕起が課題であったため、液肥散布した田んぼや畑に対し、トラクターを用いた耕起などの農業補助サービスを展開しています。

農作物のブランド化

液肥を利用した農作物のブランド化を目指し、町のプレイヤーの一員として価値創出に取り組んでいます。具体的には、産直「さんさんマルシェ」に出資し、販売チャネルを確保する他、液肥利用推進協議会に参画し、地元農家、行政、農協等と協働してブランド化を推進しています。

木質ペレット関連事業

南三陸町には、FSC認証を受けた森林があります。 森の保全のために出た間伐材や林地残材をペレット化し、地域のエネルギーとして活用するのが「木質ペレット事業」です。 当社は、ペレットの運搬・保管を担っています。
また、平成27年5月には「合同会社MMR」を設立。これは、未利用資源活用を目的として、地元林業会社、建設会社との三社で合同出資したものです。今後、町内で約1000tの木質ペレットの製造を目指しています。

農業事業

持続可能で安心安全な地域社会にとって、農業を維持していくことは重要な要素だと考えます。そこで、農家さんの高齢化や担い手不足により困難になった、しろかき、あぜぬり、田起こし等農作業の一部を作業受託しています。

その他の事業案内

運送事業